排卵日当日に性行為を行う

男の子を産みたいという女性にとって、男の子を産む確率を上げる方法があります。
それは排卵日当日に性行為を行うことです。

 

その為には、排卵日をしっかりと知っておく必要があります。

排卵日を知るためには、いくつかの方法があります。

 

まず基礎体温は毎日測定して、しっかりと記録するようにします。
数ヶ月測定して記録しておくと、排卵する日がわかりやすくなります。

 

体温が下がって生理になりますが、排卵日を境にまた高温になりますので、その高温になる時に排卵しているということになります。

 

またおりものにも変化が現れます。排卵が近づくとおりものの粘度が高くなります。
排卵日直前には糸を引くぐらいの粘度のおりものになるので、その変化を見て排卵日を予測します。

 

さらに排卵検査薬を使うという方法もあります。
尿検査をして陽性が出た場合には、その日のうちに性行為を行います。

 

性行為をする際に、グリーンゼリーを使うと、さらに確率を上げることができます。
グリーンゼリーは産み分けをしている産婦人科で購入して、性行為をする前に女性の膣内に挿入しておくことで男児ができやすい環境を作るという方法です。

 

これらの方法を試してみることで、男児を産む可能性は高くなります。
産み分けを扱っている産婦人科を受診して、相談して指導を受けることも有効です。

 

男児がほしいと思っていて自然に任せるのではなく、少しでも確率を上げられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>