まず前提として、産み分けに100%というのはありません。

そして、基本的に女性の責任はありません。

 

性別を決定付けるのは、男性の精子なのです。

性別を決定するのは、染色体がXXなのかXYなのかで決まります。

 

XXの場合は女の子、XYの場合は男の子が産まれます。

現時点で一番効果的だと言われているのは、リンカルという栄養補助食品です。

 

これは勿論、女性側が飲んでください。
元はカルシウムなので、特に身体に害はありません。

 

産婦人科、もしくは産婦人科経由の通販で購入可能で、なんと成功率は8割を超えてきます。
お値段も1か月分で3000円程度なので、それで8割まで確率が上がるのであれば痛い出費でもないでしょう。

 

さて、後2割をどう近づけるかという話ですが、ここからはオカルト要素も含みます。
昔は跡継ぎ等の問題で男の子を望む人が多かった為か、信憑性のあるものからおまじない程度まで様々な話があります。

 

その中でも、理由がしっかりしているものを見ていきましょう。

 

・女性側の栄養状態を完璧に

 

炭水化物や高脂肪の物を摂取すると、男の子が産まれやすいと言われています。
簡単に言えば、健康かつ食生活的に満たされている方が確率が上がるという事ですね。

 

ダイエット中の方は、この時期だけは諦めましょう。

 

・男性ホルモンを増やす

 

一番簡単なのが、筋トレです。
筋肉というのは男性ホルモンの代名詞ですね。

 

基本的に強い身体の方が、男の子が産まれる確率が高いという事です。
こちらは男女両方が対象です。

 

この先の未来では、100%産み分けができる方法が見つかるかもしれません。
しかし人間側ができる努力は、現時点ではこれくらいです。

 

そしてもし最終的に女の子が産まれたとしても、自分を責めてはいけません。
また、周りが責めるなんて事はあってはいけません。

 

子供が産まれるというのは、そもそもめでたい事なのです。

どちらが産まれたとしても、その命の誕生を喜んであげてください。

新規コメントの書き込み