実践してみる価値は大の男女産み分け法

結婚して元気な赤ちゃんを授かりたいと言うのは、誰もが望むところではあるのですが、中にはどうしても男の子が欲しいと言う事情を持った方も多いのです。

実家の家業を継ぐと言う事もその理由の一つなのですが、最近はそんな男女の産み分けと言うのも実質可能な状況になっています。

 

漠然と男の子を望むのではなく確実に男の子を授かる方法を実践することが大事です。

まず男の子は排卵日当日に受精をすると授かりやすいと言う事が分かっています。

 

これは人間の体の中はアルカリ性に保たれているのが一般的なのですが、排卵をして時間が経ってしまうと卵もアルカリ性に傾いてしまうので、女の子が産まれやすくなってしまうのです。

 

参考: 女の子を産みたい

 

ところが排卵直後の状態はまだ酸性になっている状態なのですが、この酸性の状態で受精をすることによって、男の子が産まれやすくなります。

 

これは確実に排卵日を確定する事が一番重要になってくるのですが、最近では排卵チェッカーが売られているので利用してみる事や、基礎体温を毎日測るなどで排卵日の割り出しが可能です。

 

さらに産婦人科では男の子を授かりやすくするためにリン酸カルシウムを処方してくれる所もあるのですが、どこの産婦人科でも産み分けをしてくれると言うわけではないので、必ず最初に確認してから診察を受ける事をお薦めします。

 

いずれの場合も男の子が産まれる確率は100%と言う訳ではないのですが、この方法で実際に男の子を授かったと言う報告はかなりあるので、諦めずに実践してみる事をお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>