カテゴリー別アーカイブ: 男の子を産む方法

老舗ミス・パリのフェイシャルエステ

老舗エステサロンミス・パリのフェイシャルエステは、大きく小顔とエイジングケアのコースと、ニキビやニキビ痕をケアするコースに分かれています。今よりもっと美しい姿を求める人は前者を、何よりも健康的な皮膚を取り戻したいという人は後者のコースといったように、利用者が好きに選べる環境がミス・パリには用意されているのです。

 

それぞれのコースで使用する器具も、フェイスケア用品も違うという所に、企業のフェイシャルエステに対する本気度は表れます。

 

お店の看板でもある、顔を小さく美しく見せる独自のフェイシャルコースの方は、たるみやリフトアップにむくみ改善と細かに対象を分けている気合の入れようで、スリムアップコースを提案している他エステとは一線を画します。どんな状態の肌にも対応できる許容範囲の広さは、他の追随を許しません。

 

定期的に展開しているお試しキャンペーンを利用することで、本格的なミス・パリのフェイシャルコースは、お得な値段で体験することが可能です。エステの施術で本当にむくみが改善されるのか、リフトアップの効果を感じることができるのか、気になった時にはまず第一に、お試しでお安く利用することが可能であるのか公式サイトで確かめてみましょう。

 

全国各地にあるミス・パリのサロン検索は、同じく公式のサイトから行えます。フェイシャルコースの詳しい内容や細かな料金設定も、サイトにはしっかり掲載されていますので、利用の検討に役立てていくのが良いでしょう。

ジェイエステティックのフェイシャルエステ体験コースがおすすめ!

ジェイエステティックは創業38年で、店舗数は全国に100店舗以上を展開している、老舗のエステサロンです。脱毛、痩身エステ、ボディエステ、フェイシャルエステなど、トータルエステサロンとして人気です。店舗は、アットホームで落ち着く空間が広がっており、質の高い施術が受けられるといった口コミが多く、評価が高いです。

 

こちらジェイエステティックのフェイシャルエステは、それぞれの悩みに合わせてコースを選ぶことができます。ただ、最初はどんなものか不安な部分もあるでしょう。そんな時には、体験コースを試してみてはいかがでしょう。4つのフェイシャルエステの体験コースが用意されています。料金は2回で2000円です。1回目、2回目と違うコースも選べるので、色々と試すことができます。

 

毛穴が気になるのであれば、毛穴汚れすっきりケアコースがおすすめです。専用の機器を使って細やかな振動によるケアを行います。毛穴からしっかり汚れや皮脂を落とし、その後超音波で美容成分を肌の奥まで浸透させることができます。

 

肌のたるみやむくみが気になるなら、すっきり小顔ケアがおすすめです。プロのエステティシャンによるハンドマッサージで、フェイスからデコルテまでのリンパの流れを促進してくれます。オールハンドケアとなっていますので、贅沢に心地良い時間を過ごすことができます。
肌のくすみが気になるのであれば、美白フォトケアがいいでしょう。美容成分たっぷりのコラゲジェルや、フラッシュフォトによる施術で、透き通るような肌を目指すことができます。

 

そしてシミ、くすみ、ほうれい線、小じわが気になるのであれば、ハリ・ツヤ美顔ケアコースがおすすめです。LEDのファインライトや、パックなどで、内面から肌を健やかな状態へと導いてくれます。
まずはこうしたジェイエステティックの体験コースで試してから、本格的なエステコースを選んでいくのがいいでしょう。

女の子なら膣内を酸性にすることがポイントです

まず女の子が出来るには精子の染色体がXY染色体、男の子ならYY染色体でなければなりませんね。

現在女の子を作る精子をX精子、男の子を作る精子をY精子と呼びます。

 

そして、Y精子はX精子の2倍の数があります。これは、膣内は強酸性になっている為、酸性に弱いY精子が卵子に到達する数が同数になるようにという自然の摂理です。

 

しかし、膣から奥の子宮内はアルカリ性なので、今度はY精子が生き延びやすい環境となります。
ですから、女の子が欲しい場合は、X染色体が働きやすい、生き延びやすい環境を作ることが大切です。

 

病院では女の子が欲しい女性には「ピンクゼリー」という産み分け用のセリーを処方してくれます。

これは、膣内をX精子が生き延びやすい酸性にするものです。

性交時に膣の中に入れて使います。

 

また、女の子が欲しい場合はあっさりした性交をします。

性交時、女性が強くオルガスムスを感じると、子宮頸管から強アルカリ性の液が分泌されるので、それを防ぐ為です。

 

更に、女の子が欲しい場合は、排卵日の前に性交をします。

何故かと言うと、卵子と受精する時間が長い程、弱いY精子が死に、強いX精子が生き残るからです。

 

他に、女の子を産み分けた方達の経験談としては、性交前、ご主人には熱めのお風呂にはいってもらいY精子を弱める、とか女性は肉類を多く食べて体内を酸性に保つ、寒いと女の子が、暑い時期は男の子が出来やすいということなので、冬に子作りをした、女の子が授かるという神社にお参りした、などがあります。

 

いずれもX精子を生き延びさせる方法に叶っていますから、参考にして下さいね。

 

男の子を産むためには全てを濃厚に楽しむこと

男の子を生みたいと考えている場合、女の子を産む方法とは逆のことをすると良いです。

まずは排卵日をチェックしてください。この排卵日に合わせてエッチをすると、男の子が生まれやすくなります。

 

しかしこれだけでは完璧とは言えませんので、エッチをするための準備もしておかなければなりません。
女性は膣内をアルカリ性に保つことが必要だと言われているので、アルカリ性になるようなゼリーを利用したり、なるべく深くまで入れてもらうようにして快感を得るといいです。

 

すると膣内がアルカリ性になりやすく、男の子を生みやすい状態となります。

また旦那さんには極力溜めこんで貰うようにして、射精する時は奥まで入れてから出すようにしてもらうと産み分けがしやすくなります。

 

粘り気というのも大切とのことですから、旦那さんには粘り気のある精子を作って貰えるよう、粘り気のある食材を食べてもらうといいです。

 

これで一応男の子を妊娠しやすい環境は手に入りますが、最終的に男の子を生むためには女性が快感を感じ、濃厚なエッチを続けることにあります。

 

気持ちいいと感じられるようなエッチを続けているうちに、膣内はアルカリ性となって男の子を造りやすい体質になります。

そのまま射精して貰えばほぼ確実に男の子が手に入るでしょう。

 

エッチの回数はなるべく減らし、子作りをする時だけ濃厚なエッチを行えば結構男の子は生まれやすくなりますね。
自分1人では考えにくいので、旦那さんと協力して作っていくといいです。

男の子を産む確率を高くする2つの方法

男の子を産む確率を高くする2つの方法

 

少なくともこの日本においては、男に産まれれば就職や昇進が有利になり、家業などを継がせるにも男が適しているという現実が存在しています。

これから子どもを作ろうとしている方の中にも、できれば男の子を産みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、私が考える男の子を出産する確率を高める方法を説明したいと思います。

 

まず、基本的に男が産まれるか、女が生まれるかはX染色体とY染色体の数と組み合わせで決まるとされています。

このことは教科書にすら載っている科学的事実ですが、その他のことの多くはいまいちはっきりと分かっていないというのが現実です。

 

そこで、より確率を高めるには「数を撃つ」ことが有効になると言えます。

科学的にはっきりとしたことがわかっていない以上、「これ」と言える手段はないのですから、科学的にあやふやなものでもどんどん試していくべきです。

 

しかし、あやふやさにも度合いがありますから、ここでは私が思う比較的オススメできるであろう方法を挙げてみたいと思います。

 

膣内をアルカリ性にする

 

まず一つ目が膣内のアルカリ性と酸性による産み分けの方法です。

男の子を産むためには膣内をアルカリ性の状態にすべきだとされていますが、性交の最中に女性が強い刺激を感じると膣内をアルカリ性に保つことができます。

 

特に物理的な刺激の意味が込められているため、なるべく深い挿入で性交するべきでしょう。

 

中国式産み分けカレンダーを使う

 

二つ目が「中国式産み分けカレンダー」を使うという方法です。

中国社会においては日本以上に男が有利な現実があるのですが、さらに一人っ子政策の影響を受け国民の多くが「男の子を産む方法」を探究しました。

 

その中で現在まで信頼され続けているのがそのカレンダーです。

数え年と受胎月からなる簡単な表なので、すぐに実行に移すことができ効率が良いです。

男の子を出産するためパートナーにしっかりと協力をしてもらう

かつての日本では跡継ぎとなる男の子を出産するというのが、女性にとって重要な仕事の一つでした。

最近では性差別を避けようとする風潮からそのような意識は薄まってきていますが、長年続いてきた家業を継いでもらうために男の子を産む必要があるというケースは現代でもあるのです。

 

そこで出産をする女性側だけでなく、パートナーである男性にも全面的に協力してもらわなければなりません。

それは男の子が産まれるY染色体を持つ精子が卵子と受精しなければならないからです。

 

いわゆるY精子は女の子が産まれるX精子よりも、寿命が短かったり酸性に弱かったりと不利な部分がありますので、受精時の環境を整えていかなければなりません。

 

まず女性側は基礎体温から排卵日をしっかりと予測して、寿命の短いY精子のため排卵をしたその日に性交をするようにします。

 

男性側は性交前に禁欲生活をして精嚢にY精子を多く貯めこむようにします。

そして膣内を酸性に弱いY精子を守るためアルカリ性に傾ける必要があるのですが、専用のゼリーがありましてお湯で溶かしたゼリーを注射器で膣内に挿入をします。

 

性交時の体位もたいへん重要であり、じっくりと時間をかけて行為をすると女性がオーガズムを感じ膣内へアルカリ性の分泌液が出ますので酸性度を低くする働きがあります。
このように女性だけが努力をするのではなく、男性がしっかりと協力していかなければ男の子を出産するという目的を果たせないのです。

ilm08_aa01004-s

男の子を産む確率を高める方法をお教えします

男の子を産む確率を高める方法

 

ilm08_aa01004-s

 

確率の問題ですが、男の子を確率を高める方法をお教えします。

 

前提

 

1)男になる精子は酸性に弱い
2)男になる精子は泳ぐのが遅い
3)男になる精子は寿命が短い

 

自然の状態で、膣の中は、乳酸菌の働きで酸性になっています。
でもラブジュースによって、その酸性を弱めることができます。

 

ですから前戯に時間をかけてラブジュースがたっぷりある状態で射精するのがいいです。
寿命が短いですから、排卵の後、子宮に降りてくるタイミングと精子が子宮まで泳いでいくタイミングを合わせる必要があります。

それぞれの時間は自分で調べて下さい。

 

基礎体温を測って、排卵日を正確に予測することも必要です。
男性が心がけることは、一番良いタイミング(排卵予想日から計算した性交日、前戯にかける時間)で大量に射精するのが大切です。

 

それまでは禁欲する必要があります。
アルコールやタバコは精子の活動に悪い影響を与えるので控える必要があります。

 

具体的には

 

1)基礎体温を測って排卵日を予想する
2)それまでは禁欲する
3)一番良い日に前戯に時間をかけて深く挿入して大量に射精する
4)もし妊娠しなかったら、また1ヶ月間同じ努力をする

 

以上を繰り返せば、男の子が生まれる確率は非常に高くなりす。
ラブジュースの出方がよくない場合には重曹水溶液で膣内洗浄をするのもよいかも知れません。

 

洗浄器具や濃度は本で調べて下さい。
成功(性交?!)をお祈り致します。

排卵日当日に性行為を行う

男の子を産みたいという女性にとって、男の子を産む確率を上げる方法があります。
それは排卵日当日に性行為を行うことです。

 

その為には、排卵日をしっかりと知っておく必要があります。

排卵日を知るためには、いくつかの方法があります。

 

まず基礎体温は毎日測定して、しっかりと記録するようにします。
数ヶ月測定して記録しておくと、排卵する日がわかりやすくなります。

 

体温が下がって生理になりますが、排卵日を境にまた高温になりますので、その高温になる時に排卵しているということになります。

 

またおりものにも変化が現れます。排卵が近づくとおりものの粘度が高くなります。
排卵日直前には糸を引くぐらいの粘度のおりものになるので、その変化を見て排卵日を予測します。

 

さらに排卵検査薬を使うという方法もあります。
尿検査をして陽性が出た場合には、その日のうちに性行為を行います。

 

性行為をする際に、グリーンゼリーを使うと、さらに確率を上げることができます。
グリーンゼリーは産み分けをしている産婦人科で購入して、性行為をする前に女性の膣内に挿入しておくことで男児ができやすい環境を作るという方法です。

 

これらの方法を試してみることで、男児を産む可能性は高くなります。
産み分けを扱っている産婦人科を受診して、相談して指導を受けることも有効です。

 

男児がほしいと思っていて自然に任せるのではなく、少しでも確率を上げられるようにしましょう。

性別を決めるのは、男性側の問題なのです。

まず前提として、産み分けに100%というのはありません。

そして、基本的に女性の責任はありません。

 

性別を決定付けるのは、男性の精子なのです。

性別を決定するのは、染色体がXXなのかXYなのかで決まります。

 

XXの場合は女の子、XYの場合は男の子が産まれます。

現時点で一番効果的だと言われているのは、リンカルという栄養補助食品です。

 

これは勿論、女性側が飲んでください。
元はカルシウムなので、特に身体に害はありません。

 

産婦人科、もしくは産婦人科経由の通販で購入可能で、なんと成功率は8割を超えてきます。
お値段も1か月分で3000円程度なので、それで8割まで確率が上がるのであれば痛い出費でもないでしょう。

 

さて、後2割をどう近づけるかという話ですが、ここからはオカルト要素も含みます。
昔は跡継ぎ等の問題で男の子を望む人が多かった為か、信憑性のあるものからおまじない程度まで様々な話があります。

 

その中でも、理由がしっかりしているものを見ていきましょう。

 

・女性側の栄養状態を完璧に

 

炭水化物や高脂肪の物を摂取すると、男の子が産まれやすいと言われています。
簡単に言えば、健康かつ食生活的に満たされている方が確率が上がるという事ですね。

 

ダイエット中の方は、この時期だけは諦めましょう。

 

・男性ホルモンを増やす

 

一番簡単なのが、筋トレです。
筋肉というのは男性ホルモンの代名詞ですね。

 

基本的に強い身体の方が、男の子が産まれる確率が高いという事です。
こちらは男女両方が対象です。

 

この先の未来では、100%産み分けができる方法が見つかるかもしれません。
しかし人間側ができる努力は、現時点ではこれくらいです。

 

そしてもし最終的に女の子が産まれたとしても、自分を責めてはいけません。
また、周りが責めるなんて事はあってはいけません。

 

子供が産まれるというのは、そもそもめでたい事なのです。

どちらが産まれたとしても、その命の誕生を喜んであげてください。

実践してみる価値は大の男女産み分け法

結婚して元気な赤ちゃんを授かりたいと言うのは、誰もが望むところではあるのですが、中にはどうしても男の子が欲しいと言う事情を持った方も多いのです。

実家の家業を継ぐと言う事もその理由の一つなのですが、最近はそんな男女の産み分けと言うのも実質可能な状況になっています。

 

漠然と男の子を望むのではなく確実に男の子を授かる方法を実践することが大事です。

まず男の子は排卵日当日に受精をすると授かりやすいと言う事が分かっています。

 

これは人間の体の中はアルカリ性に保たれているのが一般的なのですが、排卵をして時間が経ってしまうと卵もアルカリ性に傾いてしまうので、女の子が産まれやすくなってしまうのです。

 

参考: 女の子を産みたい

 

ところが排卵直後の状態はまだ酸性になっている状態なのですが、この酸性の状態で受精をすることによって、男の子が産まれやすくなります。

 

これは確実に排卵日を確定する事が一番重要になってくるのですが、最近では排卵チェッカーが売られているので利用してみる事や、基礎体温を毎日測るなどで排卵日の割り出しが可能です。

 

さらに産婦人科では男の子を授かりやすくするためにリン酸カルシウムを処方してくれる所もあるのですが、どこの産婦人科でも産み分けをしてくれると言うわけではないので、必ず最初に確認してから診察を受ける事をお薦めします。

 

いずれの場合も男の子が産まれる確率は100%と言う訳ではないのですが、この方法で実際に男の子を授かったと言う報告はかなりあるので、諦めずに実践してみる事をお薦めします。