女の子なら膣内を酸性にすることがポイントです

まず女の子が出来るには精子の染色体がXY染色体、男の子ならYY染色体でなければなりませんね。

現在女の子を作る精子をX精子、男の子を作る精子をY精子と呼びます。

 

そして、Y精子はX精子の2倍の数があります。これは、膣内は強酸性になっている為、酸性に弱いY精子が卵子に到達する数が同数になるようにという自然の摂理です。

 

しかし、膣から奥の子宮内はアルカリ性なので、今度はY精子が生き延びやすい環境となります。
ですから、女の子が欲しい場合は、X染色体が働きやすい、生き延びやすい環境を作ることが大切です。

 

病院では女の子が欲しい女性には「ピンクゼリー」という産み分け用のセリーを処方してくれます。

これは、膣内をX精子が生き延びやすい酸性にするものです。

性交時に膣の中に入れて使います。

 

また、女の子が欲しい場合はあっさりした性交をします。

性交時、女性が強くオルガスムスを感じると、子宮頸管から強アルカリ性の液が分泌されるので、それを防ぐ為です。

 

更に、女の子が欲しい場合は、排卵日の前に性交をします。

何故かと言うと、卵子と受精する時間が長い程、弱いY精子が死に、強いX精子が生き残るからです。

 

他に、女の子を産み分けた方達の経験談としては、性交前、ご主人には熱めのお風呂にはいってもらいY精子を弱める、とか女性は肉類を多く食べて体内を酸性に保つ、寒いと女の子が、暑い時期は男の子が出来やすいということなので、冬に子作りをした、女の子が授かるという神社にお参りした、などがあります。

 

いずれもX精子を生き延びさせる方法に叶っていますから、参考にして下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>