男の子を産むためには全てを濃厚に楽しむこと

男の子を生みたいと考えている場合、女の子を産む方法とは逆のことをすると良いです。

まずは排卵日をチェックしてください。この排卵日に合わせてエッチをすると、男の子が生まれやすくなります。

 

しかしこれだけでは完璧とは言えませんので、エッチをするための準備もしておかなければなりません。
女性は膣内をアルカリ性に保つことが必要だと言われているので、アルカリ性になるようなゼリーを利用したり、なるべく深くまで入れてもらうようにして快感を得るといいです。

 

すると膣内がアルカリ性になりやすく、男の子を生みやすい状態となります。

また旦那さんには極力溜めこんで貰うようにして、射精する時は奥まで入れてから出すようにしてもらうと産み分けがしやすくなります。

 

粘り気というのも大切とのことですから、旦那さんには粘り気のある精子を作って貰えるよう、粘り気のある食材を食べてもらうといいです。

 

これで一応男の子を妊娠しやすい環境は手に入りますが、最終的に男の子を生むためには女性が快感を感じ、濃厚なエッチを続けることにあります。

 

気持ちいいと感じられるようなエッチを続けているうちに、膣内はアルカリ性となって男の子を造りやすい体質になります。

そのまま射精して貰えばほぼ確実に男の子が手に入るでしょう。

 

エッチの回数はなるべく減らし、子作りをする時だけ濃厚なエッチを行えば結構男の子は生まれやすくなりますね。
自分1人では考えにくいので、旦那さんと協力して作っていくといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>