男の子を産む確率を高くする2つの方法

男の子を産む確率を高くする2つの方法

 

少なくともこの日本においては、男に産まれれば就職や昇進が有利になり、家業などを継がせるにも男が適しているという現実が存在しています。

これから子どもを作ろうとしている方の中にも、できれば男の子を産みたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、私が考える男の子を出産する確率を高める方法を説明したいと思います。

 

まず、基本的に男が産まれるか、女が生まれるかはX染色体とY染色体の数と組み合わせで決まるとされています。

このことは教科書にすら載っている科学的事実ですが、その他のことの多くはいまいちはっきりと分かっていないというのが現実です。

 

そこで、より確率を高めるには「数を撃つ」ことが有効になると言えます。

科学的にはっきりとしたことがわかっていない以上、「これ」と言える手段はないのですから、科学的にあやふやなものでもどんどん試していくべきです。

 

しかし、あやふやさにも度合いがありますから、ここでは私が思う比較的オススメできるであろう方法を挙げてみたいと思います。

 

膣内をアルカリ性にする

 

まず一つ目が膣内のアルカリ性と酸性による産み分けの方法です。

男の子を産むためには膣内をアルカリ性の状態にすべきだとされていますが、性交の最中に女性が強い刺激を感じると膣内をアルカリ性に保つことができます。

 

特に物理的な刺激の意味が込められているため、なるべく深い挿入で性交するべきでしょう。

 

中国式産み分けカレンダーを使う

 

二つ目が「中国式産み分けカレンダー」を使うという方法です。

中国社会においては日本以上に男が有利な現実があるのですが、さらに一人っ子政策の影響を受け国民の多くが「男の子を産む方法」を探究しました。

 

その中で現在まで信頼され続けているのがそのカレンダーです。

数え年と受胎月からなる簡単な表なので、すぐに実行に移すことができ効率が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>