男の子を出産するためパートナーにしっかりと協力をしてもらう

かつての日本では跡継ぎとなる男の子を出産するというのが、女性にとって重要な仕事の一つでした。

最近では性差別を避けようとする風潮からそのような意識は薄まってきていますが、長年続いてきた家業を継いでもらうために男の子を産む必要があるというケースは現代でもあるのです。

 

そこで出産をする女性側だけでなく、パートナーである男性にも全面的に協力してもらわなければなりません。

それは男の子が産まれるY染色体を持つ精子が卵子と受精しなければならないからです。

 

いわゆるY精子は女の子が産まれるX精子よりも、寿命が短かったり酸性に弱かったりと不利な部分がありますので、受精時の環境を整えていかなければなりません。

 

まず女性側は基礎体温から排卵日をしっかりと予測して、寿命の短いY精子のため排卵をしたその日に性交をするようにします。

 

男性側は性交前に禁欲生活をして精嚢にY精子を多く貯めこむようにします。

そして膣内を酸性に弱いY精子を守るためアルカリ性に傾ける必要があるのですが、専用のゼリーがありましてお湯で溶かしたゼリーを注射器で膣内に挿入をします。

 

性交時の体位もたいへん重要であり、じっくりと時間をかけて行為をすると女性がオーガズムを感じ膣内へアルカリ性の分泌液が出ますので酸性度を低くする働きがあります。
このように女性だけが努力をするのではなく、男性がしっかりと協力していかなければ男の子を出産するという目的を果たせないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>