ilm08_aa01004-s

 

確率の問題ですが、男の子を確率を高める方法をお教えします。

 

前提

 

1)男になる精子は酸性に弱い
2)男になる精子は泳ぐのが遅い
3)男になる精子は寿命が短い

 

自然の状態で、膣の中は、乳酸菌の働きで酸性になっています。
でもラブジュースによって、その酸性を弱めることができます。

 

ですから前戯に時間をかけてラブジュースがたっぷりある状態で射精するのがいいです。
寿命が短いですから、排卵の後、子宮に降りてくるタイミングと精子が子宮まで泳いでいくタイミングを合わせる必要があります。

 

基礎体温を測って、排卵日を正確に予測することも必要です。
男性が心がけることは、一番良いタイミング(排卵予想日から計算した性交日、前戯にかける時間)で大量に射精するのが大切です。

 

それまでは禁欲する必要があります。
アルコールやタバコは精子の活動に悪い影響を与えるので控える必要があります。

 

具体的には

 

1)基礎体温を測って排卵日を予想する
2)それまでは禁欲する
3)一番良い日に前戯に時間をかけて深く挿入して大量に射精する
4)もし妊娠しなかったら、また1ヶ月間同じ努力をする

 

以上を繰り返せば、男の子が生まれる確率は非常に高くなりす。
ラブジュースの出方がよくない場合には重曹水溶液で膣内洗浄をするのもよいかも知れません。

 

成功(性交?!)をお祈り致します。

 

男の子がほしい、と思った時にすべきこと

 

ilm08_bc01026-s赤ちゃんがほしい・・・
結婚した女性ならば大抵、誰もが一度は考えることですよね。

 

また、男の子がいい、女の子がいい、など。
希望を挙げたらキリがありません。

 

しかし単なる「希望」ではなく、家業を継いでもらいたい、跡取り息子がほしい、という風に、自分以外の人間からプレッシャーを受けている女性も実は多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは天からの授かりもの、ですが、今では産み分け方法というものも存在します。

 

今日は、そんな男の子の産み分け方法について書いてみたいと思います。

男の子を産みたいと思った時にまず大切なのは、「排卵日」を正確に知ること、です。

 

基礎体温を計り、排卵日を予想しましょう。
排卵検査薬を使うのもいいですね。

 

自分ではよくわからない、という方は産婦人科に相談してみるのもよいでしょう。
エコーで排卵しそうかどうか、調べてもらえます。

 

排卵誘発してもらうとより排卵日がわかりやすくなるかもしれません。
そして、排卵日当日にチャレンジしましょう!

 

Y精子を優位にするのがポイントなので、男性には、排卵日以前4~5日間禁欲してもらうこともおすすめです。

 

グリーンゼリーも取り入れましょう。(産婦人科、産み分けゼリーショップで購入できます)

 

また、深く挿入したり、たくさん愛撫を受けるのもよいとされます(酸性度が低くなるため)。

 

また、最近話題の産み分け法として、チャレンジする前に男性がコーヒーを飲む、というのもあるそうです。
カフェインがY精子の働きを活性化させるとか。

 

産み分け方法を実行しても、確実に男の子を妊娠できるとは限りませんが・・・

確率はアップするはずなので、頑張りましょう!